禁煙で健康生活!禁煙方法と効果・最新情報

タバコは依存性が強く、禁煙したときには禁断症状がでます。

どうして禁煙は続かないの?

アルコールと同じでタバコは嗜好品になります。簡単にやめられそうですが、タバコのニコチン中毒は大麻などの薬物中毒よりも依存性が強いといわれています。習慣性が強く、心理的に依存してしまうことがとても強いためです。吸わずにいられないという人は意志が弱いというだけではありません。意志とは関係なく、遺伝によって禁煙が簡単にできる人とできない人がいるようです。習慣になっている喫煙をやめられない人はニコチン依存症ともいわれます。


アルコール中毒では体内のお酒が切れると手足がしびれたようになります。身体的依存と精神的依存がとても強くなっています。タバコも似ていて、禁煙によって集中力がなくなったり、ニコチンがないと不安になってしまうのです。依存性が強いので、体からニコチンを出すだけではなく、精神的なケアが必要になってきます。


不安になり、眠れなくなったり、気分のコントロールが上手にできなくなったりする人はタバコで解消しているといえます。禁煙を成功させるには、不安をなくすようにしていかなくてはいけません。ニコチン依存症かどうかは調べると簡単に分かるようになっています。禁煙しやすいタイプかどうか調べてから禁煙を始めるといいでしょう。

Copyright 2009-2012 禁煙で健康生活!禁煙方法と効果・最新情報 All Rights Reserved.